法福寺トップページへ
To top

日蓮宗法福寺TOP > できごと





できごと(2022年1月〜12月)

22年 5月19日:裏山の木枝下ろし
22年 4月 4日:覆い修繕
22年 3月25日:仏像修復

できごと(2021年1月〜12月)
できごと(2020年1月〜12月)
できごと(2019年1月〜12月)
できごと(2018年1月〜12月)
できごと(2017年1月〜12月)
できごと(2016年1月〜12月)
できごと(2015年1月〜12月)
できごと(2014年1月〜12月)
できごと(2013年1月〜12月)
できごと(2012年1月〜12月)
できごと(2011年1月〜12月)
できごと(2010年7月〜12月)
できごと(2010年1月〜6月)
できごと(2009年7月〜12月)
できごと(2009年1月〜6月)
できごと(2008年7月〜12月)
できごと(2008年1月〜6月)
できごと(2007年7月〜12月)
できごと(2007年1月〜6月)
できごと(2006年)(「法福寺の紹介」改題)



裏山の木枝下ろし




(作業前)

裏山の木が大きくなり、建物に覆い被さっていたので、今回も樹木医の先生にお願いしました。


(作業後)

とても高いところの枝まで下ろして頂けたのがわかります。


(作業前。ほぼ真上を見上げた画像。写る建物は本堂。)


(作業後)


(作業前)


(作業後)


(作業前)


(作業後)
2022年5月19日記
このページの一番上へ


覆い修繕



修繕前
(修繕前)

 本堂角に張り出している木(隅扠首(すみさす)もしくは縁隅木(えんすみぎ)というそうです。初めて知りました。)を覆っている銅が腐食したため、新しくして頂けました。

修繕後
(修繕後)

修繕前
(修繕前)

 また、庫裡ひさしの覆いも、同様に腐食が激しいため、新品に交換して頂けております。

修繕後
(修繕後)

 いずれも檀徒の方によって発見され速やかに修繕頂いたことに、感謝の気持ちで一杯です。
2022年4月6日記
このページの一番上へ


仏像修復



修復前
(修復前)

 本堂御宝前の御仏像に、彩色の剥離やホコリの堆積が見られたため、修復等をお願いました。ありがたいことに全額御寄付頂いております。

修復後
(修復後)

 今回は、全面的に塗り直して新品のようにするのではなく、剥離部分を再接着したりホコリを取り除いたりと、これまでと大きく変わらないよう心がける修復等をお願いしました。

修復前
(修復前)

修復後
(修復後)

 修復前の画像は、ぼやけているのではなく、ホコリが積もっている状態です。

修復前
(修復前)

修復後
(修復後)

 欠落していた蓮華も取り付けて頂きました。
2022年4月6日記
このページの一番上へ
ひとつ前のできごと(2021年1月〜12月)